主な活動場所とメリット・デメリットを大調査!【恋活・婚活サイトマリッジ】

主な活動場所

恋活で出会ったカップル恋人や結婚相手を探すことを恋活・婚活といいますが、では実際に恋活や婚活をしている人はどこで活動をしているのかご存知でしょうか?

 

また、活動場所によって発生してくるメリット・デメリットについても詳しく調査しましたのでご紹介していきたいと思います。

 

恋活

まず恋活ですが、主に活動している人の年齢層は20代~60代と幅広く、

 

仕事上異性との出会いがないから」「もう歳だから結婚ではなく気楽な恋愛を楽しみたい」「今すぐに結婚はしたくないけど、結婚も視野に入れた恋人が欲しい」といった理由で活動をする人が多いです。

主な活動場所
  • 恋活パーティー
  • 合コン
  • 同窓会などの集まり
  • 打ち上げ
  • 友人の紹介
  • マッチングアプリ
  • SNS
  • 街コン

といった所があります。

恋活を行う人はあくまで「恋人探し」なので本格的な婚活アプリやお見合い、婚活パーティーなどには参加しないようで、友達付き合いからはじめる人が多いです。

 

 

そのため、活動場所としては
友達が出来る場所
交友関係が広がる場所
趣味の合う人が集まる場所”を選ぶ人が多い傾向にあります。

 

 

婚活

次に婚活ですが、こちらも恋活同様、幅広い年齢の人が「子供が欲しい」「毎日家で待っていてくれる人が欲しい」「そろそろいい年齢だから結婚相手を見つけたい」と、いった理由で活動をしています。

 

また、婚活をする人の中には再婚相手を探していたり、シニア婚として40~60歳前後で活動をしていたりする人もいます。

主な活動場所
  • 結婚相談所
  • 婚活サイトorアプリ
  • 街コン
  • 婚活カフェバー
  • 趣味コン

婚活は恋活と違い、生涯を共に過ごすパートナーを決める大事な場になります。

 

そのため、結婚相談所や婚活サイトにお金を使って登録をしている人が多い傾向にあります。

 

 

メリット・デメリット

続いて恋活・婚活をする活動場所のメリット・デメリットについてご紹介致します。メリットとデメリット

 

恋活

先程恋活をしている人がよく利用をする場所としていくつかあげましたが、それぞれの活動場所にはメリット・デメリットが存在します。

 

恋活パーティー、合コン、同窓会などの集まり、打ち上げ
メリット

たくさんの人と一気に出会うことができる・趣味の合う人と会いやすい

 

デメリット

結婚を視野に入れている人が少ない・サクラもいる

 

マッチングアプリなどSNS関係
メリット

自分の好みの男性を選び、やり取りをしてから会うことが出来る

 

デメリット

肉体関係が目的の人が多い

 

婚活

次に婚活であげた活動場所のメリット・デメリットを確認しましょう。

 

結婚相談所、婚活サイトorアプリ
メリット

ちゃんと結婚を考えた人しか登録をしていない

 

デメリット

お金がかかる場合がある

 

街コン・趣味コン・婚活カフェバー
メリット

交流することでどんな人かわかった上で交際することができる

 

デメリット

結婚を考えていない人も参加している

 

まとめ

散歩するシニア夫婦

いかがでしたか?

 

恋活・婚活にはそれぞれの活動場所があり、メリット・デメリットが存在します。

 

そのため素敵な異性をGETできるように目的によって活動場所を変えるようにしてみましょう

ページの先頭へ戻る