アイコンタクトの取り方

視線をこちらに送る女性

コミュニケーションをする上でアイコンタクトはとても大切です。アイコンタクトを上手に取れば相手の心を開いて懐に入りやすくなります。
今回は婚活サイトやマッチングアプリなどを通じて、恋人になる前のデートで女性を相手にしたアイコンタクトの取り方を解説いたします。

 

アイコンタクトを取るタイミング

アイコンタクトを取るタイミングは、基本的に話をする前および行動を取る前相手の話を聞いている時です。
会話の中で手応えのあることを言った直後に相手の目を見る方が多いですが、ドヤ顔をしているみたいに思われるので注意しましょう。
比較的簡単にアイコンタクトを取れるタイミングを整理して、そこから応用した使い方をすると良いでしょう。

 

自然にできるシーン

飲食店でアイコンタクトをとる男女

自然に正しいアイコンタクトをしやすいタイミングは以下のシーンがあります。

  • 飲食店をそろそろ出るタイミング
  • 席に座るタイミング
  • ドアなど狭い場所を通過する前

 

このように、何かアクションをする前は自然とアイコンタクトを取れるものです。
たとえば飲食店を出る時は、食事を終えて良いタイミングになったら、アイコンタクトをしてから「そろそろ行こうか?」と声をかけます。

 

席に座る時は、アイコンタクトをして、お互いに近い席に座るか相手を奥側の席に誘導するやり取りをします。
このように、アイコンタクトの正しい使い方は、言動を起こす前に相手の気持ちや準備状況を確認するものです。

 

会話での応用

会話でアイコンタクトを応用する際は、行動をする時の要領と同じで何か話をする前に確認する目的で行うのが一般的です。
自分の話をしたいタイミングだけアイコンタクトを取ろうとするのではなく、相手が話をしたいタイミングを意識してアイコンタクトを取るタイミングを見極めましょう。

会話の中で話をしっかり聞いているか確認するだけではなく、話題を変えたいという意思表示で使うケースもあります。
相手の目を見る動作を加えるだけではなく、相手が何を求めているのか目を見て判断することが大切です。

 

目が合わない場合

目線が合わないカップル

アイコンタクトしようとしても目が合わないのは、相手が自分とは違うことを思っているケース緊張や警戒から目を見ようとしない状況の2パターンがあります。
目が合わないのであれば、無理に見つめ続けてはいけません。まずは自分が行おうとしている言動を相手が求めていない可能性を疑いましょう。

 

マッチングサービス経由の初デートは、女性が警戒をしていることが多いです。この場合はアイコンタクトを取ることよりも相手に安心を与えることを重視しましょう。
しゃべり方が理由で警戒されることが多いので、毎回女性が目を合わせてくれない方は女性が安心するしゃべり方のページを参考にしてみてください。

 

無理しないことが大切

アイコンタクトは本来、信頼できる相手が言葉を交わさずにコミュニケーションを取る方法です。
初対面や恋人になる前の男女が上手にアイコンタクトを取れないのは当たり前のことで、アイコンタクトにこだわって強く視線を送る必要はありません。

 

ただし、アイコンタクトを取ろうとすることで相手の求めている言動を見極めることができるので、時折相手の目を見ることは大切です。
無理しない範囲で、アイコンタクトをできるチャンスを探してみてください。アイコンタクトを取ることで気が合う人だと思われることもあるので、適度にチャレンジしてみましょう。

ページの先頭へ戻る